実家が東京でも東京で一人暮らしを

東京で一人暮らし

実家が東京にあって大学が都内の場合ですと、ほとんどの人が実家から大学へ通うでしょう。更に言えば、就職先も都内を考えている人の場合、就職してからも実家暮らしであることが多いのではないでしょうか。無論、実家も就職先も東京であっても、就職を機に一人暮らしを始める人もいると思います。
ですがそうでない場合は、一人暮らしをする機会を失ってしまいがちです。そこで提案したいのが、都内のウィークリーマンションを借りることです。東京に実家があるにも関わらず、都内のウィークリーマンションを借りるメリットとして挙げたいのは、予めマンションにテレビやベッドといった家具が設置されていることです。普通は引っ越しとなるとそういった家具も買わなければなりませんが、ウィークリーマンションであればその手間が省けます。
ただしウィークリーマンションは、もちろん次にその部屋を借りる人がいることを前提にしているので、家具を壊したりするとやはり弁償しなければなりません。いくら自分の住まいと言えど、あくまで『借りている』身なので、物の取り扱いに気をつけましょう。無理に一人暮らしをする必要はありませんが、一人暮らしをすると生活力を身に着けることができます。それに何より家族の有難味が分かるので、実家が東京にあったとしても、ウィークリーマンションを借りて一人暮らしをしてみてはどうでしょうか。

ウィークリーマンションは安い

今回は、東京でウィークリーマンションを借りようと思っているとき、できるだけ安い部屋を借りたいと思っている方に向けての記事です。東京の中でも、今回は港区のウィークリーマンションの賃料をご紹介します。今回の記事の内容を、東京でウィークリーマンションを借りるときの参考情報としてください。まずが東京都港区のウィークリーマンション賃料を調べた際の条件ですが、契約期間は1ヶ月以上で、築年数にはこだわりを持たずに、あえて駅から徒歩5分以内という内容で調べました。
この、あえて駅から徒歩5分以内というのは、やはり東京に住むなら、公共交通機関を利用することが自然と多くなると思ったからです。この条件で部屋を調べると、一番安くて2400円、一番高くて16000円という賃料になっていました。ちなみに、この賃料は一日あたりの賃料です。つまり、2400円で部屋を借りると、賃料のみ1ヶ月間で74400円かかります。
ウィークリーマンションを借りる際は、その特徴を生かして、なるべく賃料を抑えて借りたいですよね。話を戻して、次に平均賃料をご説明します。2400円から16000円ということなので、平均賃料が9200円になります。東京都港区のウィークリーマンションの一日あたりの賃料幅は、2400円から16000円となっていることから、一日の平均賃料が9200円です。